ストラスブール

ストラスブールでアコーホテルズと提携ホテルをご利用ください。次回のストラスブールでのご出張、ご家族旅行、週末旅行のご宿泊は、お手頃なエコノミーホテルからラグジュアリーホテルまで種類豊富に取り揃えたストラスブールのアコーホテルズおよび提携ホテルのホテルセレクションの中からお選びください。


ストラスブールのホテル

0.54 k.m 市中心部から

ストラスブールの中心部にある当ホテルでは、質の高いおもてなしと温かみのある雰囲気で、独自の体験をお届けします。アルザス地域の都の、中世地区の中心にあり、大聖堂が目と鼻の先にあるホテルロハン(Hotel Rohan)は、あらゆるニーズにお応えできる4つ星ホテルです。歩道が充実したストラスブール中心部の...

お手頃なエコノミーホテル

0.56 k.m 市中心部から

イビスストラスブールサントルガールホテル(ibis Strasbourg Centre Gare hotel)はTGVの駅の向かいにあり、街の中心部やプティットフランス地区からほど近く、大聖堂から徒歩でわずか10分の場所にあります。当ホテルは117室の客室を備え、そのうち4室はお身体の不自由なお客さ...

0.56 k.m 市中心部から

当ホテルの始まりは18世紀はじめにさかのぼります。現在は、トレンディーな色使いが特徴的な、モダンで無駄のないスタイルが魅力です。第2次世界大戦後にアメリカから持ち込まれたパノラマエレベーターからは、6階にまたがる階段のみごとな眺めがお楽しみいただけます。ホテルはストラスブール市街そばのTGV駅の向か...

0.56 k.m 市中心部から

ホテルヴァンドーム(Hotel Vendome)は、ストラスブールの中心という絶好の立地を誇ります。市街地、大聖堂、美しいプティットフランス地区に近く、パレデコングレコンベンションセンターがトラムで10分、空港が電車で10分です。バケーションにもご出張にも最適です。

お手頃なエコノミーホテル

0.57 k.m 市中心部から

イビススタイルズストラスブールサントルガールホテル(ibis Styles Strasbourg Centre Gare hotel)では、すべての宿泊料金に、朝食と使用制限なしのWi-Fiのご利用が含まれています。市の中心部に位置する当ホテルは、TGVの駅に隣接し、歴史地区の「プティットフランス」...

3~4つ星ホテル

0.60 k.m 市中心部から

メルキュールストラスブールサントルガールホテル(Mercure Strasbourg Centre Gare Hotel)は、駅の向かい側にあり、周辺に店、レストラン、バス路線、トラム路線が充実した優れた立地を誇る4つ星ホテルです。欧州の首都の中心で、お客さまのお越しをお待ちしております。当ホテルの...

お手頃なエコノミーホテル

0.60 k.m 市中心部から

1~4名様まで宿泊可能な客室を82室備えたイビスバジェットストラスブールサントルホテル(ibis budget Strasbourg centre hotel)は、TGVの駅の向かいにあり、街の中心部やプティットフランス地区からほど近く、大聖堂まで徒歩わずか10分、レアールのショッピングモールまで5...

0.60 k.m 市中心部から

ストラスブールの中心部にあり、駅と大聖堂から徒歩10分のクーヴデュフランシスカンホテル(Couvent du Franciscain hotel)は、ビジネスにも観光にも最適です。アルザス風ダイニングルームで美味な朝食ビュッフェを満喫した後は、アルザス地方の首都を探索したり、美術館、デパート、歴史を...

ラグジュアリーホテル

0.73 k.m 市中心部から

ストラスブールの中心部、大聖堂の近くにあるクールデュコルボホテル(Cour du Corbeau hotel)は、Mギャラリーコレクションの1つで、歴史と現代が融合したホテルです。1528年に建てられた建物内にあるこの4つ星ホテルでは、過ぎし日の魅力とモダンな感覚が優雅に溶け合っています。57室ある...

さらに多くのホテル
さらに多くのホテル

AccorHotels.comでご予約になる利点

*本日から向こう7日間の最低料金となります。
料金は客室タイプにより異なる場合があります。表示料金は、税抜き価格の場合、VATのみが含まれる場合、諸税込み(VATおよび観光税込み)の場合など、国によって異なります。表示料金に諸税が含まれていない場合は、予約手続きの次のステップで必要な税金(VATおよび/または観光税)が提示されます。料金は予約が完了した時点で確定されます。

ホテルのランク(フランスの場合1つ星から5つ星)は各国・地域により定められた規準に基づきます。

ページトップ Back to top